特定技能外国人材受入流れ

1. 基本条件

 労働,社会保険,租税関係法令を遵守していること
1年以内に非自発的離職者や行方不明者を発生させていないこと
5年以内に出入国・労働法令違反がないこと 等

2. 求人申請

「 World In Japan 」に企業会員登録後、求人情報を登録
求人担当者の連絡を待ち 又は 求職情報を検索、面談要請を申請

3. 特定技能雇用契約の締結

報酬額が日本人が従事する場合の報酬の額と同等以上であること
一時帰国を希望した場合,休暇を取得させること
報酬,福利厚生施設の利用等の待遇で差別的取扱いをしていないこと 等
(対象支援の全部を実施することが困難である場合,同支援の全部の実施を登録支援機関に委託可能)

4.特定技能外国人支援計画を策定

 職業生活上,日常生活上,社会生活上の支援(入国前の情報提供,住宅の確保等)
支援計画の全部を委託する場合は,その契約内容支援責任者等

5. 在留資格認定証明書交付申請

受入れ機関の概要
日本語能力を証する資料
特定技能雇用契約書の写し
技能を証する資料 等
特定技能外国人支援計画

6. 在留資格認定証明書受領

[ 担当機関 ] 地方出入国在留管理局

7. 各種支援

生活オリエンテーション
生活のための日本語習得の支援
外国人からの相談・苦情対応
外国人と日本人との交流の促進に係る支援
査証受領
就労開始
入国

8. 各種届出

雇用契約の変更等
支援計画の変更
支援計画の実施状況 等